FC2ブログ

Living Raw Japan level2 DAY1

2011.03.01 ローフード
IMGP0119_20110301110838.jpg IMGP0145_20110301110912.jpg
ワタシ作、ピラミッド型。右)クラッカーもサクサクしています。

IMGP0078_20110301110755.jpg IMGP0082.jpg IMGP0087_20110301110812.jpg

三鷹にあるローフードハウス Living Raw Japan にて
LEVEL2 1日めの様子です。
朝のジュースからはじまり・・ランチ&ディナー。
LEVEL2では、ディハイドモノがメイン。
たくさん学び、そして食べました!

IMGP0125_20110301110852.jpg IMGP0148_20110301110922.jpg IMGP0160_20110301110941.jpg
IMGP0167_20110301110950.jpg IMGP0179_20110301110957.jpg IMGP0184_20110301111005.jpg

IMGP0196.jpg IMGP0192_20110301111718.jpg
「エンチェラーダ」最高!
フィリングも「これって加熱してませんか?」な仕上がりで、
ディハイドレーターでこんな風に作れるのだと改めてフムフム。

masayoさんとtomasiさんは、3年間100%RAW VEGANを続けた時に、
体の不調(味覚障害、目にモヤがかかる など・・)を体験され、
気づかれたことは「(自分たちは)少量の動物性が必要である」ということ。
とるようになって、問題がどんどん解決したそう。
現在は「体が求める時は、動物性のものも(レアで)少量頂く」そうです。

今回の様に見聞きした情報から
「動物性も必要かもしれない」と思ったことが何回かあり、
その都度、魚介類、ゆでタマゴを一時的に取り入れたりするものの、
「習慣づかずに元のヴィーガンに戻る」そんな5年間です。

愛媛でイカ、タコを食べた翌日、肌が超プリプリした経験がありますが、
あれは何効果だったのでしょう。
友人に合ってたくさん話をしたのでストレス解消した!という説も考えられる。

5年間、体調面も申し分なく、
強いてあげるとするならば、

お肌のハリの低下。
記憶力の低下、思い出せない。
悲しみに対して感受性が高い(涙もろい)

今、書いてみてはじめて、
それってタダの加齢現象じゃない?って思いましたが。^^;
私は偏食、運動不足気味、そこ改善の余地あり。

その他は、ハッキリと体の不調を感じないので、
これまで通りの食生活で自分には合ってるのかもしれない。
こうして体験者の話しを聞いたりすると、
将来のリスク回避として、体に動物性のものを少量取り入れる必要性あるかもと。
(ワタシ独自の倫理観が許す範囲内で)

もし取り入れるとすれば、私なら下記のような動物性のもの、
ちゃんと動物の環境を考えてあげているところを選択するだろう。

思いやり牛乳アリサンのレンネット不使用のチーズ、
ファクトリーファームではない生卵・・・平飼いの無精卵、探してみたらありました。
(一部の)魚介類 

思いやり牛乳のような経営理念のしっかりした所は消費するという形で
応援したいという気持ちもある。
色々考えるきっかけになりました。
Secret

TrackBackURL
→http://soymayonnais.blog118.fc2.com/tb.php/474-7219ac7f