FC2ブログ

食べるものは大事

2010.12.23 Books
IMGP0002_20101223141725.jpg IMGP0006_20101223141820.jpg
『白砂糖は麻薬!?』『牛乳はモー毒?』『肉はあぶない?』『出口のない毒 経皮毒』
医学博士 真弓定夫さんの本です。美健ガイド社
サンプル版を読むをクリックすると少しだけ立ち読みできます。
私が初めてこのマンガを読んだのは、たまプラーザにあったベジカフェ「エクリュ」でした。
マンガなので読みやすいし健康が気になる方に。

IMGP0009_20101223141739.jpg

図書館で犬のコーナーで数冊借りてきました。
『明るい老犬介護』は、10才を越える犬と飼い主のことが書かれています。
人間のペットに対する優しさに触れ涙涙。
うちのトイプーは11月で8才になり、まだまだ元気ですが、
長生きして欲しいのでこういった類の本も早めに読んでおこうと思って。

IMGP0010_20101223141745.jpg

うちの犬は1才からローフード「BARF DIET」この方のHPがオススメ
いわゆる「生食」と呼ばれる手作り食です。
病気ひとつせず、気が若いせいかよく動くので、お散歩でも実年齢を言うと驚かれます。
世にはマクロビ犬もいるし、ベジタリアンドッグフードもあります。
この本の中にペットとベジタリアン食について書かれていて、
ペットと暮らすベジタリアンの妥協点(?)を上手くまとめているように思います。
私もこの本寄り。
うちの犬は、肉類は鳥だけで、1ヶ月に1度くらい牛の骨をあげます(ハミガキのため)
あとのタンパク源は、魚、納豆、豆腐。
薬を投与されたり汚染されていない、平飼いでストレスなく育った鶏にしています。
狭く窮屈な鶏舎の中でストレスにまみれて食べる為だけに生を受けた鶏たちではなく、
せめて短期間でも太陽の下で自由に走り回った経験のある子達です。
この世界の霊性が上がると肉食や食物連鎖がなくなる・・とも言われています。
そんな風になるといいなと思います。
Secret

TrackBackURL
→http://soymayonnais.blog118.fc2.com/tb.php/443-acbcfbf2