FC2ブログ

特別展 「サンゴの海 サバニとともに生きる」

日曜日に、WWFジャパン主催の特別展へ行ってきました。 


沖縄県・石垣島の白保(しらほ)に、世界最大規模のアオサンゴの群落があります。
2007年の夏、大規模なサンゴの白化現象が起こったそうです。

サンゴの生育を阻む要因は、赤土流出、農薬や生活排水による水質汚染、観光被害など。
あと、海水温の上昇も関係しているそうです。


写真は、自然写真家の倉沢栄一さんがお撮りになったものです。

IMGP7140.jpg

小さな魚たちにとって、サンゴはかっこうの隠れ家であり、餌場。
サンゴがなければ、この世界から姿を消してしまう魚たちがいることを知りました。


↓見た目には、美しいのですが、この白化したサンゴは死にかけているサンゴ。
死んでしまうと魚もよりつかない、寂しい海になってしまう。

IMGP7131.jpg



IMGP7151.jpg


初めて知ったことは、

サンゴは動物だということ。(でも、植物に近い動物)
サンゴがなければ、生きられない生き物が沢山いること。
白いサンゴは、死にかけたサンゴであること。

サンゴが住めない海になってきているんだなぁと思いました。
地元の方やWWFもサンゴを保護するために努力されています。
関心を持つ人がさらに増えばいいなと思います。


特別展 「サンゴの海 サバニとともに生きる」

◆2008年3月2(日)から3月16日(日)まで

◆場所 品川インターシティ  Shop&Restaurant棟 B1フロアおよび A棟1Fフロア
東京都港区港南2-15-2 TEL 03-5479-0710 

詳しいイベント情報はこちらを
Secret

TrackBackURL
→http://soymayonnais.blog118.fc2.com/tb.php/115-14c6a361