FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジェイズキッチン@広尾

休業中 (2011、12、3追記)

金曜の夜ごはん。
ジェイズキッチンにて。言わずと知れたヴィーガンレストラン。

CIMG2856-1.jpg


何にしようかなと迷ったときは、
とりあえず家で作らないであろうものをオーダーしたりします。

【ベジタリアンファヒータ】
ファヒータって何?ということで、注文してみました。
3種のディップ(ひよこ豆っぽいの、トマト、ソイマヨっぽいの)や野菜を
トルティータで巻いて食べます。
メキシコ料理。

CIMG2861.jpg


CIMG2862.jpg



もう家では揚げ物を作らなくなったので、【黒胡麻オニオンリング】を。
ガッツリいくつもりが。。。
自分が思っている程、油モノを食べれなくなったらしい。
きっとみんなで分けて食べる量だと思うんですが、
20代の頃はコレくらいペロリだったんです、私。

CIMG2864.jpg


後でなぜサラダを注文しなかったのだろうかと。
ヴィーガンが安心して食べられるサラダ専門のお店って意外とないんです。
ドレッシングが曲者で。。

サラダイス
というオフィス街で働く方々向けのサラダ専門店が
大手町、八重洲、汐留、日比谷にあるんですが、
ドレッシングに動物性のものが入っているかどうか聞いてみた時、
店員さんが説明できませんでした。
そんなこと質問する人もきっといないんだとは思うんですが(ーー
ドレッシングの動物性の有無の表示も意識してくださると大変ありがたいなと。

「サラダを主食に!」その文化の定着を目指しているそうで、
国産の無農薬、減農薬を中心とした野菜、多種類のトッピングとドレッシングで
充分ランチとして食べ応えがあると思います。


スポンサーサイト

『ナチュラルな暮らし百科』 ロザモンド・リチャードソン著

2008.06.27 Books
2004年の発行なので、書店の第一線には飾られてないかもしれません。
この本は、バイブル的な本で、あとあと読み返すであろうと、
まるで置き薬かのようにうちの本棚に鎮座しております。

IMGP0113.jpg


著者のロザモンド・リチャードソンさんは、
イギリスの田舎で17世紀に建てられたコテージに暮らし、
再生可能な電力を利用、ごみはリサイクル、オーガニック製品を使うなど
ナチュラルな暮らしを実践されています。
ベジタリアン料理やヨガの本も出版されています。

化学薬品のことからはじまり、赤ちゃん、ペットのケアまで、
部屋の空気の質、お金のことetc
衣食住、生活全般を網羅した実用的なガイドブックです。

ひとつひとつ詳しく書かれているんですが、写真がきれいで見やすく、
化学薬品についての記述もおどろおどろしい感じではなく、
サラリと淡々と書かれていています。
家庭科の教科書にして欲しいと思う。
そして、よいところは「こうしましょう~」と提案されているので、
やってみようかなという気持ちになれるところです。

トリュフ

2008.06.26 ローフード
『リビングフードをはじめましょう』いとうゆき著の中のレシピで作りました。

毎日フルーツを食べていると、甘いものに対する欲求が満たされるので、
以前ほど「甘いもの食べた~い」と思わなくなりました。
とはいえ、フルーツとは違う、もっと濃い甘いものを食べたいと思う時がたまに
やってきます。そんなときにこれを。

中身はピーカンナッツ、デーツ、レーズン、キャロブパウダー、なたね油。
フードプロセッサーで材料を混ぜて、まるめるだけ。
デーツとレーズンだけで、
まるで砂糖とかシロップを使っているかのような甘さがでます。
ちょこちょことつまみ食い的に食べ、その日のうちに平らげてしまいます。
1度に作る量が20個位。
たまにしか作らないので体重に影響は出ないですが、
20個は食べ過ぎですよね(笑)

IMGP9993.jpg

スイカ

はにー☆びーから無農薬・無化学肥料の小玉スイカが届きました♪

朝は果物(ナチュラルハイジーン)なんですが、
国産・無農薬の果物って手に入りにくいなぁ~としみじみ。
籠の中へ入れるものがなく、
空っぽと寂しい状態でしたので、スイカの登場、大変嬉しいです。

無農薬の国産フルーツ、いいのがあれば、是非教えて下さい!

IMGP0148.jpg


【すいか】
90%が水分。
利尿作用により、老廃物の排泄を促してくれる。
体を冷やす効果あり。
赤い果肉には、抗酸化作用のあるかカロテンとリコピンが含まれている。
37kcal/100g

melissa@日本橋

日本橋メリッサは閉店し、
Wholistic Healing Center ARGUTHA / アーグッタとして
及木坂にてリニューアルオープン
(2010、11、28追記)

メリッサ アロマティック オーガニック カフェ

【玄米クラフトのキッシュ、豆腐のチーズ入り】 このメニューはヴィーガン。
エッセンシャルオイル入り。(ローズマリー・タイム・バジル)

ヨガのクラスやアロマセラピーのセミナーもあるようです。
アロマティックメディテーションコースにちょっと興味があります。

あまりゆっくりできなかったけど、とてもかわいいカフェでした♪
 
CIMG2850.jpg
CIMG2846.jpg

ベランダ菜園 【収穫】

コリアンダーを摘んで、生春巻きの具に♪独特の香りがよいです。
ニヤニヤしながら収穫しました。
IMGP0107.jpg


これは種から育てたネギ。
IMGP0097-1.jpg


食べ終わったネギを再び植えました。
イチゴの芽がいよいよ生えてこなかったので、イチゴ用の鉢にネギを植えました。
IMGP0100.jpg


ところで、実は・・・・アブラムシが大量発生しています><
基土銀河を高濃度に混ぜすぎたせいではないかと推測しています。
量が多すぎたので土が栄養過多になったのではないかと。
「過ぎたるは及ばざるがごとし」

アブラムシを食べてくれるのは、テントウムシ。
赤地に黒い点のナナホシテントウを探しに
公園へ。こんなときに限って見当らない!

アブラムシは、植物の師管液を吸って生きる。
今年はアブラムシに譲ります。存分に吸いたまえ。
私は、やつらがついていない葉をちぎって収穫。

ネギはツルンとしているせいか、、、香りのせいか、アブラムシはついていません。
ネギいい感じです。

『体の中からい「キレイ」になれる50の習慣』 ヴィクトリア・モラン著 西村体美由起訳

2008.06.22 Books
2002年初版発行の本で、もう何年も前に購入した本です。
本の整理はマメにする方なんですが、この本はずっと手元に残っています。

IMGP0130-1.jpg


私は、ここ2~3年で大きく生活スタイルを変えてきました。
食事スタイルやエコや・・・早寝早起きや毎日の運動など。
「分かっちゃいるけどやめられない」ということがたくさんあって、その時、
自分を責めるんじゃなく、前向きに前進できる言葉をこの本の中で見つけ、
身につけた言葉をご紹介します。
以下抜粋(かなり長くなるので、途中で文章を切っています)

今よりましな習慣を一つ身につけましょう

ゆっくりと、でも確実にあなたの人生を変えていくには、
今よりましな習慣を一つ身につけることです。
「いい習慣」ではなく「ましな習慣」ですから、間違えないでください。
私はコーヒーが体に悪いと知りながら、長いことやめられませんでした。
やめようとしても、いつも失敗。
いきなり全部やめようとするから無理なんだ、少しずつ減らしていこう。
そう気づいた私は紅茶を飲むことにしました。
コーヒーほどではなくても、間違いなく興奮作用があります。
でも、私にとっては、コーヒーよりましなのです。そして見てください。
今はコーヒーなしでも大丈夫。
紅茶だって前より薄いものを飲んでいますし、ときにはハーブティーですませることもあります。
こうして私は今も、ときどきつまずきながら、でも完全に挫折することなく前進しています。
ですから、ましな習慣を、あなたにとって楽な習慣を身につけてください。
一度に一つずつ、少しずつ変わっていければいいのです。
そして、少し変わるたびに自分を誇りに思ってください。
少しずつ変わることが、長続きするコツですから。

『体の中から「キレイ」になれる50の習慣』 
ヴィクトリア・モラン著 西村美由起訳

これは何でも応用できる考え方す。
例えば、ジョギングをさぼる習慣がついたときは、とにかく外へ出て10分でもいいから歩こうとか。
「何もしないよりマシだ」と思えると精神上よろしいです。
日々つまづきながらですが、少しづつ前へ進めているかなと思います。

閉店はさびしいよ。

2008.06.21 ローフード
6月いっぱいで閉店ということで、先週に引き続き再び「ハーフスイーツ」へ。
最後にローフードメニューを全て食べようと思いちょうど13時ごろ到着。
売り切れで2品しか用意できません・・とのことで以下の2品を頂きました。

タコス(1個、350円)
IMGP0004.jpg

スシロール(250円)
IMGP0008.jpg
IMGP0010.jpg


閉店といえば・・・

たまプラーザのオーガニックカフェ「エクリュ」が3/25に閉店していたことを最近知りました。
ざんねん&ショック。幸い、ケータリングと通販で営業を続けられています。

二子玉川に住んでいた頃、よく食べに行っていました。
地元に密着した素敵なカフェだった。
インテリアもとてもかわいかったし、特別ヴィーガンやマクロビアンじゃなくても、
「ちょっと素敵なカフェだから入ってみようかな」って思わせる雰囲気だった。
実際、いつ来ても満席だった。

カフェにある本を読んで、
知らないこと、誰も教えてくれなかったことをたくさん教えてもらった。

自然食品店を経営する方が「いがいと、儲からないんです。」
とおしゃっていたことを思い出す。
私ができることは、カフェに限らず、
いいモノを提供してくれているお店や生産者にお金をおとすことかなぁと思っている。
経営者や生産者、スタッフの方々に尊敬と感謝の気持ちを込めて。

マクロビオティックマルシェ@恵比寿

豆乳ソフトクリームを一度食べてみたくて。マクロビオティックマルシェ

IMGP9966.jpg


本が自由に閲覧できるのですが、
マクロビオティックに関する辞典のようなぶ厚い本が。勉強になります。
芸能人のどなたかがいました。コメンテーターっぽい男性の眼鏡をかけた・・・・、
顔は見たことあるのですが名前が・・。

IMGP9973.jpg


ここへ来た目的のひとつがテンペ。
ネットでも購入できるんですが、近くまで来たので。

マクロビオティックの理論である「一物全体」を実現した、大豆がまるごと食べられるテンペです。
皮をむかずに作ることで、栄養価も高くなっています。


っていうところがいいなぁと思って。

国産大豆(遺伝子組換えでない)と書いてあるし。
でも、国産大豆が100%なのかどうか分からないし、何%なのか表記して欲しいな。

IMGP9990.jpg

Tomato

2008.06.17 ローフード
トマト2~3個をミキサーでグイーンと。
塩とカイエンペッパー(オプション)を入れて、できあがり。
イチゴっぽいピンク色。
簡単に作れて、もっと野菜がとりたい時にいいかなと思って。
はにー☆びーの桃太郎を食べています♪
IMGP9745-1.jpg


【トマト】
露地栽培では6月~9月が旬。
赤い色のリコピンは、強い抗酸化作用があり、ガンや動脈硬化を予防する効果が高い。
ビタミンC、Aが多く、脂肪の代謝を助けるビタミンB6なども含まれている。
ヨーロッパの諺「トマトが赤くなると医者が青くなる」

ハーフスイーツ@新宿

2008.06.16 ローフード
健康と美容にいい酵素を壊すことなくとれるローフードを提供してくれるカフェ
実はこちら、6月いっぱいで閉店なんです。

「店舗を変えて営業されるんですか?」とお伺いしたところ、
「ハーフスイーツというブランド自体がなくなるんです」というお返事でした。
いつ来てもお客さんは入っていたし、なんで?という感じ。

一番端っこのソファーのあるくるろげそうなお席へ♪
IMGP9818.jpg


スシロール
人参、松の実をスシ飯がわりにしたのり巻き
IMGP9831.jpg


私が注文したのは、【ローフードランチ1200円】
ジュースは、色から察するに人参、そしてグレープフルーツ。
繊維も一緒に入っていて、甘い。マネしちゃおう。

IMGP9834.jpg


茶色の丸いのは何なのか聞き逃しちゃいましたが、家では作れなさそう。
トマトはスパイシーな味付けで、アボガドがクリーミィーで、その横は甘いお味噌みたいな味。
具材を巻いて食べます。

おいしかった♪

IMGP9836.jpg
IMGP9872.jpg


どうやって作っているんだろうと想像力をかきたてられるローフード、
色々食べて勉強したかったのだけれど。
なくなると思うと本当に残念です。

新宿御苑

2008.06.15 自然を感じる
ハーフスイーツで食事したあと(エントリーは後ほど)運動と森林浴に新宿御苑へ。
この公園は風格のある巨木が多い。

IMGP9940.jpg


この1週間、特別ストレスを感じていたわけではないけど、何か酸欠というか、
木の出す新鮮な芳香をめいいっぱい吸って木に囲まれるような場所へ行きたかった。
本当は箱根へ行きたかったのだけど・・・。

IMGP9933.jpg


とても過ごしやすい1日。
IMGP9943.jpg


ひときわ目立っていたお兄さん。
IMGP9942.jpg


IMGP9950.jpg


お兄さんを撮っているお兄さんを撮る私。

IMGP9948.jpg


静けさの中で自然を感じたかったのだけど、想像以上に人が多かった。
この立地でお天気のよい休日にそれを求めるのは無理?
雨が降る日に長靴履いて、ゆっくり散策してみようと思う。
街が静かで落ち着くので、今年から雨の日も好きになりました。

IMGP9918.jpg


ズッキーニパスタ

2008.06.15 ローフード
火も通さず、野菜だけで作ったパスタソースにズッキーの麺。
これを食べたダンナさんがどんな顔をするのか見たくて、ローフード教室で習った
「ズッキーニパスタ」を作りました♪
うちのダンナは料理好きなので、これきっかけで
RAW ROAD(生の道)に開眼し、そして、色々作って欲しい・・という期待もしつつ。

IMGP9784.jpg


「サラダッコ」という名の回転スライサー。¥ 2,415 (税込) 日本製
「サラダッコ」で検索し、ネット通販で購入しました。
もういい大人なんだけど、クルクルしてると楽しい♪
とはいえ、ズッキーニ3本目あたりで、なんだかまどろこしく・・。
「電動でこういうのないだろうか」
「私にお子ちゃまがいたら絶対お手伝いさせるな」などと考えながらクルクル。

IMGP9762.jpg


ズッキーニを挟み込んで回すだけで、びよ~んと長いズッキーニパスタのできあがり。
大根、にんじん、キュウリなどでも作れます。
これからの季節だと、大根、人参、キュウリ、ソバを合わせて、
サラダソバなんてのもいいかなと思ったり。

IMGP9771.jpg


ダンナさんの反応、「うまい!こりゃうまい!」
ソースが特に気に入ったようです♪

後でお腹がすきそうだとそうめんを茹でていたので、
今度はズッキーニとパスタと半々で作ってあげようかなと思います。

IMGP9789.jpg

【野菜とお米】

毎週水曜日に千葉の佐久間草生農園さんから野菜を送って頂いています。
2年前に「88」というフリーペーパーを見て知りました。

不耕起の野菜。いい種は自家採取。
自然栽培の玄米、白米もあり。
この頃は、玄米を精米して、5分づきでお願いしています。

追記 
改めて電話で詳しく、栽培方法をお伺いしました。


【玄米、白米】
無農薬。
肥料も使っていない、不耕起栽培ではないが、耕すのは軽く表面をならす程度。
品種は、伊勢ヒカリ、農林23号で、できるだけ品種改良をされていない在来種に近いもの。(その方が自然栽培しやすい)

【野菜】
もちろん無農薬、無化学肥料。
肥料は畑の状況を見て必要ならば、植物性の肥料を施す時もある。
(非遺伝子組み換えの)ナタネカスと草木灰(草や木を燃焼させた後の灰)

【自家採取】
できるだけ自家採取している。
苗を買うときは、できるだけ在来種の苗を購入。

と、すばらしい。
包装などもエコロジーを心がけてらっしゃいます。

大根、レタス、サニーレタス、ソラマメ、さやえんどう、玉ねぎ
ニンニク、かぶ、ほうれん草。

ダンボール1箱で2千円(送料別)
月に1回だけの利用でもいいし、毎週でも隔週でもOK。

IMGP9676.jpg


お手紙付き。
畑のようすや季節の移り変わりを感じる。
お手紙を読んでいると勉強になります。

IMGP9635.jpg


お母さまが庭や畑の隅でお世話されている季節の花も入れて下さいます。 感謝。

IMGP9664.jpg

IMGP9644-1.jpg


私が無農薬や無肥料の野菜にこだわるようになったのは、
ハーモニックトラストのHPを見たからで、
できるだけ無肥料の野菜を購入するようにしています。

プロも知らない目からウロコの
本物の野菜、玄米、調味料の見分け方

【しずか村の夏みかん】

静岡県浜松市三ヶ日町の
しずか村から夏みかんが届きました♪
10年以上同じ土地で無農薬栽培を行っています。

料金: 1個-120円、5個-550円、10個-1,000円
かなりお得です。(私が見た自然食品店だと3個で500円くらい)
ただ、しずか村の夏みかんは、傷みやすいので注意。

IMGP9725.jpg


ミカンの木のオーナー制度 があって、
2月~3月に完熟青島みかん2kgをプレゼントしてくれ、
さらに、柑橘類、加工品が常に10%OFFで購入できます。


お手紙と虫よけにユーカリの葉、
夏みかん2個がサービスで入っていました♪

IMGP9693.jpg


【夏みかん】
ビタミンC、B1、クエン酸、葉酸、カリウム、食物繊維が豊富。
美肌作りや疲労回復に効果的。
おいしい期間は4月~6月。
皮にも栄養がたっぷり含まれていて、マーマレードにしたら皮ごと食べられる。
無農薬なので皮も安心。

グリーンスムージー

2008.06.09 ローフード
代謝を高める、酸~アルカリバランスを整える、毒素排泄など
いいことだらけのグリーンスムージー♪
どろどろなので、消化や吸収もよい。

好みの緑色の葉野菜と果物をミキサーにかけるだけ。
味を引き出すのに塩を少々。あと適宜、水を足して。

葉野菜はロメインレタス、果物は旬の夏みかんとバナナ、りんごを使いました。
夏みかんを多めにしたら酸味が強すぎたので、
バナナを追加し、そして再度、葉野菜も足したりしていったら、
どんどん分量が増え、2リットル近い量に.。

CIMG2838.jpg


今回は使わなかったけど、
カイエンペッパー(唐辛子)少々も投入しましょうと、
教室で教えて頂いたので、早速アリサンのを購入。

CIMG2840.jpg


ふた付きの容器に入れ、冷蔵庫で1日保存可能。

スムージーは、繊維も含まれているので、
1日くらいなら保存可能だそう。
(ジュースはできたてがいい)
朝作って、夕方帰宅してから作り置きを飲みましたが、見た目も味も変わらなかったです。
本日から手作りスムージーを持参。
これまでは、ランチにデパ地下のジューススタンドを利用していましたが、
どうしても出してしまうカップとストローのゴミ。
一度、マグを持参して「これに入れてください」ってチャレンジしたところ、
「衛生上の問題」によりお断りされ、
グラスで提供してくれるお店を探して利用していたけど、ちょっと高い。

すぐ酸化しそうで、手作りで持って行くことをあきらめていたのですが、
スムージーなら保存できるって知ったのは本当にいい収穫でした。

ローフード教室

2008.06.08 ローフード
日曜日、ローフード・リビングフードの教室へ行ってきました!
ayakka's Raw

CIMG2830.jpg


先生が作って下さったお料理、全てめちゃめちゃおいしかった!

CIMG2833.jpg



青菜、小松菜、ケールなどのグリーンベジタブルは栄養価がとても高いそうです。
どちらかと言うと、苦手な野菜。
でも、果物を組みあわせて作ったこのスムージーならいくらでも飲めそうです。
ドロドロな飲み物は、消化、吸収にもよいそうで、
ローフードビギナーにお勧めとのことでした。
サラダで食べるより、たっぷり野菜が採れるし、明日から作ってみよう♪

古着支援

タイ・ミヤンマー難民キャンプへ送る洋服をまとめました。
興味ある方はこちらをご覧下さい。受付は6/14までです♪

IMGP9603.jpg


朝からごそごそと洋服をまとめ、この写真を撮っていると・・・
夫がやってきてダンボールを物色しはじめ、セントジェームスのTシャツをつかみ、
「これは俺が着る」と言って、持ってった(笑)
夫からは、Tシャツ4枚を提供してもらいました。

夫:
「これ全部着ないの?今度また服がないって言って買うんじゃない?」
「送るというのは、善な行いだけど、また買う(消費)というのは、負の要素があるような...」

言いたいことは分かる(笑)
支援を口実に、洋服を手放して、また新しい洋服を買うつもりでいると言いたいようだ。
ま、そこは全否定できない。

私:
「いや、私は会社に着ていく洋服は3~4セットあればそれで充分だし、
1セットが古くなれば、また買うけど、(洋服が傷まないように)クリーニングは自分でするし、
汚さないように注意して長持ちさせるし、
あと休日用に、お気に入り1~2着あれば、それでいいから。」

私:
「何もしないよりはいいと思う。送らないより送った方がマシな行いだと思う。」

夫:
「ま、そうだね。」


古着支援一つとっても色々思うことはあるけど、
誰かに喜んでもらえたらいいかな~と。
とりあえず、「何もしないよりはマシ」というスタンス。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。